50代未経験からでも求人あり!コールセンターの仕事で再スタート!

子育てが一段落して、キャリアを再生!

昨今では、出産が高齢化してきているため、子育てが一段落したら、50歳手前・・・。

というような話は、周りにたくさんあります。

ご主人がそこそこ稼いでいる人であれば、今の制度では配偶者控除がないご家庭もあります。

逆に、リストラなどの影響で、期待していたご主人の収入が想定より上がらず、家計が苦しい・・・。

そんな、50代前後の女性が、再度社会復帰!

キャリアを再生するには、コールセンターは最適な場所です。

専業主婦となって、年数が過ぎ、これと言って資格がなくても大丈夫!

業務内容によっては、働きながら、資格を取ることだって可能なのが、コールセンター なのです。

50代からキャリア再生した数々の例

私は、20年以上、あらゆるコールセンターのマネージメントをしてきましたが、年齢も性別も全く関係なく、やる気次第で道が開けた人をたくさん見てきました。

実際にあった色々な例をご紹介します。

セールス・レディーとして開花!

お話がとっても面白いSさんは、10年ぶりに専業主婦から脱皮。

コールセンターの保険セールスの仕事で、ハイ・パフォーマーに!

1年で2000万円もの保険を販売し、トップセールスとして表彰されました。

たくさん稼いで、ご主人との収入も同等に・・・!

夫婦で旅行に行ったり、楽しみが増えました。

60歳になってもパソコンぱちぱち!

57歳で初めてのコールセンター業務をスタートさせたMさん 。

元々、パソコンが趣味で、家でも使っていたので、テクサポにトライ!

60歳を過ぎても、目にも止まらぬ速さでパソコンをぱちぱち!

指先を動かすことで、脳も活性化されて、いつまでも若々しく・・・。

職場の20代の人たちと、帰りにカフェでお茶しながら刺激をもらう毎日。

持ち前の明るさでオペレーターからトレーナーへ

家が近かったという理由だけで、近所のコールセンター でアルバイトを始めたAさん。

明るい笑顔が良い印象を与え、オペレーターからトレーナーに抜擢!

新人研修を担当して、応対品質管理のマネージャーにもなりました。

オペレーターとしてスタートした時は、すでに50歳でしたが、30代でも通ってしまう見た目の若さでした。

このように、今は何歳からでも再スタートできる時代!

そして、コールセンターは、そのハードルが低いのが特徴。

お客様も仕事仲間も、多種多様な人に出会えて刺激を受けます。

もちろん、最低限必要なスキルはありますから、詳しくは、

コールセンターで働くメリットは何?最低限必要なスキルTOP5!

のページも参考にしてください。

私が知っている、コールセンター オペレーターの最高齢は、73歳の女性でした。

いつもキラキラ輝いていて、自分も70歳を過ぎたら、こんな風にイキイキと働きたいと思える人でした。

周りの若い人たちも、同じ意見でした。

50代男性でも働ける?

最初に主婦をターゲットにお話ししましたが、女性に限ってということではありません。

50代の男性でも、本業の収入だけでは老後が不安な人が、ダブルワークで週末や夜のみ働く。

というのは、コールセンター あるあるです。

『働き方改革』

で、本業の会社では残業がつかなくなった・・・。

という方も徐々に増えているでしょう。

であれば、本業の会社はさっさと切り上げて、夜にコールセンター のアルバイトはありですね。

収入が増えるだけでなく、新たなコミュニティーができることは大きいです。

コールセンター であれば、高齢になっても働けるのですから、体力のあるうちから仕事を覚えていくといいですね。

コールセンターの働き方や楽しみ方は様々です。

自分に合った働き方のアドバイスを欲しい方は、個人相談をお手軽価格で受けています。

 

転職相談にお答えします 転職や求職活動中の方へのアドバイスとサポート!

新しい投稿をお知らせします。
こちらからご登録ください。